「楽天カード」をポイントサイト経由で申し込む手順を完全ガイド

どうも、ポイ活お得情報館「POINT LUCKY」です。

本日は、ポイントサイト経由で楽天カードにお得に申し込む具体的な手順と、楽天カードの審査で落ちないための対策について詳しくご紹介します。

楽天カードの申込みを考えている方、ポイントサイト経由で発行したい方、楽天カードの審査が不安な方のためになれば幸いです。

let’s 楽天カード

楽天カードはどのポイントサイト経由がお得?

ポイントサイト経由で楽天カードに申し込む際に一番重要となるのが「どのポイントサイトが一番お得か?報酬額が高いか?」ということです。

ポイントサイトの楽天カードの報酬額は平均1,000円~2,000円前後となっています。

実はこの時点で申し込むと損です!

楽天カードに一番お得に申し込むタイミングは、テレビCMで放映されている時です。

楽天カードのテレビCMが放映されると、必ずポイントサイト側の楽天カードの報酬額もUPしています。だいたい8,000円~10,000円前後まで報酬額が上がりますので、そのタイミングで一番還元率が高いポイントサイトから申込みをしましょう。

だいたい月1回は報酬額がUPしていますね。

基本的に下記の大手ポイントサイトのどれかが一番還元率が高くなりますので、事前に登録しておきましょう。このページをブックマークしておくと便利ですよ。

  • ちょびリッチ
  • ポイントインカム
  • モッピー
  • ライフメディア

楽天カードをポイントサイト経由で申し込む手順

[1]ポイントサイトに登録する

まずは、ポイントサイトに無料会員登録をします。

今回は「ちょびリッチ」を例して申し込む手順をご紹介します。

[2]楽天カードの申込み画面に移動する

ポイントサイトに登録が済んだら、ポイントサイトを経由して楽天カードのお申し込みページに移動をしましょう。

※ちょびリッチの場合

1.検索窓に楽天カードを入力し検索

2.サイトに行くをクリック

ポイントサイト経由で楽天カードの申込みページに行く前に、必ずポイントの獲得条件には目を通しておきましょう。

【ポイント対象】
・「楽天カード」
・「楽天PINKカード」【ポイント対象外】
・楽天ビジネスカード
・楽天カード(プレミアム・ANAマイレージクラブ等)からの切り替え
・過去に「楽天カード」「楽天PINKカード」の申込み履歴がある場合
・家族カードをお持ちの方、もしくは、以前お持ちだった方
・楽天カード株式会社が個別に実施している、楽天会員ランク別、楽天スーパーポイントキャンペーンからのご利用

[3]楽天カードの発行申し込みをする

それでは楽天カードの具体的な申込み手順と審査に落ちないための対策についてご紹介します。

[1]楽天会員・楽天会員でない方

ポイントサイトから楽天カードの申し込み画面に移動をしたら、「楽天会員の方」と「楽天会員でない方」の2つのボタンが表示されますので、会員の方は赤いボタン、会員でない方は緑のボタンをクリックしてください。

[2]基本情報を入力する

基本情報の入力画面が表示されますので、「必須」と書かれている項目を全て入力しましょう。

・ブランドの選択
・カードの選択
・お名前
・性別
・生年月日
電話番号
・メールアドレス
・楽天カードのメルマガの有無
・ご住所
・ご家族について
・世帯人数
・居住状況
居住年数
・住宅ローンもしくは賃貸のお支払い
キャッシング枠
・お勤め先・学校について
・預貯金額
・請求書先送付先
カード入会後のご利用目的
・楽天カード BESTレコメンド
・自動リボサービス申込み
・他社からのお借入金額
・家族カード
・ETCカード
・Edy機能付帯
・Edyオートチャージ設定
・楽天Edyからのお知らせ
・ご利用代金お支払い口座
・暗証番号

必ず正確な情報を入力してください。赤文字にしている項目は特に楽天カードの審査においてスコア(信用)が上がるものです。

電話番号は固定電話があるとスコア(信用度)が上がります。固定電話がない場合は実家の電話番号でもいいので記入しておきましょう。
居住年数が長ければスコア(信用度)が上がります。例えば、2年10ヶ月なら四捨五入して3年以上5年未満を選択しておきましょう。とにかく年数が長ければGoodです。
カード利用目的は必ず普段のお買い物等に利用にチェックを入れておきましょう。現金のお借入れに利用にチェックを入れるとスコアに影響するので注意してください。
キャッシング枠は楽天カードの審査において一番重要と言っても過言ではありません。キャッシング枠とは現金を借りる額の事です。キャッシング枠をつけてしまうと「この人お金に困っている」と思われてしまい審査で不利になります。必ず0にしておきましょう。

[3]勤務先情報を入力する

基本情報の入力が済んだら、続いて勤務先情報の入力をします。

・勤務先名
・勤務先所在県名
・勤務先電話番号
勤続年数
・職種
・職業
・業種
・運転免許証等の確認

先ほど同様に正確な情報を入力してください。

勤続年数は長ければスコア(信用度)が上がりますので、四捨五入して少しでも長くしておきましょう。楽天カードは基本的に在籍確認の電話はありませんのでご安心ください。

[4]楽天会員情報を入力する

楽天カードの申し込み時に「楽天会員でない方」を選択した人に表示される画面です。

楽天会員でない方はここで楽天会員の登録を行います。

楽天カードの申し込み段階でお名前や住所は入力しているので、自動入力されますので、実質入力する項目は楽天会員パスワードと楽天会員ニュースの受取りの有無だけになります。

[5]お支払い口座情報を入力する

続いて、楽天カードを利用した際のお支払い口座情報(引落し口座)を入力します。

口座情報の入力は、楽天カードが到着してからでもできますので、面倒な人は「入会後の口座登録手続きに変更する」を選択しましょう。

[6]お申し込み内容を確認する

最後にお申し込み内容の確認をします。

入力内容の確認し間違いがなければ「同意する」にチェックを入れて、お申し込みと楽天会員登録を完了するをクリックします。

[6]楽天カードの申し込み完了

これで楽天カードのお申し込みが完了です。

楽天カードは機会審査(スコアリング)ですので、すぐに審査結果が出ます。申し込み時に楽天カードが設定しているスコア(信用度)をクリアしていれば最短1分で、遅くても1時間前後で発行手続き完了のお知らせのメールが通知されます。

[4]一ヶ月前後でポイント付与

ポイントサイト経由で楽天カードの発行完了後、約一ヶ月前後でポイントが付与されますので後は気長に待つだけです。

当時、私が申込んだ時はちょうど一ヶ月で100,100ポイント(10,010円相当)が判定中から有効に変わりました。

以上がポイントサイト経由で楽天カードに申込む具体的な手順になります。

まとめ

楽天カードはポイントサイト経由でお得に申込みしましょう。

\ここから登録で250円相当が貰えます/
サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

ちょび

コメント

タイトルとURLをコピーしました